日記

/

読書のススメ

読書のススメ

 

 本、面白いです。

 超面白いです!

 こないだ新聞で今の大学生の4割が本を読まないとか書いてありましたけど本当でしょうか?(すくなくとも私の身の回りにいた美大生はみんな本大好きな人ばかりでしたが)

 もったいない!!!こんなおもしろいこと!!

 

 と、言っても実は私そんなに読書家でもありません(笑)。

 大学生の頃は銅版画を勉強することや本を作ることが楽しくて楽しくてたまらなくてそればっかりやっていたので、本当に気に入った本くらいしか読みませんでした。なので、他聞に漏れず私も「あんまり本を読まない若者」だったと思います。

 読書家で、何でも知っている級友にコンプレックスを抱いていたくらいです。

 

 それがどうして本を読みはじめたのか。

 きっかけは2つのことでした。

 

 ひとつは、卒業して時間が出来たから。

 そしてもうひとつは、ある先輩の影響です。

 

 

 大学を修了して作家活動を初めまして、正直、スケジュールとスケジュールのインターバルの期間何も仕事がない時はがっぽり時間が空きました。

 じっとしていられない性分なので、「何かしなくちゃ。何かしなくちゃ。」と焦るのですが、焦っても何も起きません。

 焦ってもどうにもならないんだから時間のあるうちにいままで出来なかったことを、なんでもいいからやろうか。

 

 そう思っていちばん最初に思い浮かんで来たのが「読書」でした。

 もともと本をあんまり読んでいないことにコンプレックスも持っておりました。(周りが読書家ばっかりだったので)。それならもう何でもいいから、とにかく興味を持った本を片っ端から読んでいこうと決め、「月に2冊は読む。」ことにしました。

 今から2年前です。

 

 それからというもの、いろんな本を読みました。お金はそんなにあるわけじゃないので、いつも図書館で借りてきます。

 別に何かを勉強しよう!!…と思うわけでもありません。「どういうことが書いてあって、読んだ自分はどう思うかな?」くらいの気持ちで始めました。

 そうしますと、今まで「なにが不朽の名作じゃ〜読まなくったっていいもの書いてみせるわい!」とか思っていたヒネた先入観が、「あれ、これおもしろいかも…!」という思いにだんだん変わっていきました。

 

 結局、ヘンなコンプレックスというのは「そんなことも知らないの?」というような嘲りを受けるのではというわたし自身の恥ずかしさから来ていたのだと気がついたのですが、それがどうしたすっごいおもしろい!

 

 知らないことは知らなくていいのです。これから知っていくのです。

 知らないことを能動的に知っていくのが喜びなのです。「そんなこと知らないの?」と聞かれても「はい!知りませんでした!今知れたことがとても嬉しいです!」とその人に向かって笑っていればそれでいいのです。

 嘲りを受ける恥ずかしさより、知ることに対する喜びの方がずっと勝ります。

 

 そして読書は、自分で本を選んで読み進めて、自分の今一番気になるポイントに意識があるのを知ることが出来ます。しかも集中出来ます。自分の頭で考えて、じっくり思索にふけることも出来ます。

 これは大変「自分から行動する仕事」になると思います。

 しかも、そこで知ったことは、じわじわと自分の体に染み込んで、ひょっとした拍子に表に現われる— 。これは大変ファンタジーです。その瞬間を心待ちにするのも楽しくて仕方ありません。絵を描く上でこんな面白いことはありません。

 

 

 そしてさらにこれはとても個人的な思いなのですが、本を読む人が本当に格好よく見えるのです。

 

 私が尊敬する人の中に、大学時代の韓国の留学生の先輩がおります。

 私と先輩とは席が近くて、お互いよく大学に来ていたので沢山お話しさせていただきました。

 先輩は名だたる絵画賞を受け、日本語英語韓国語を操る指折りの才女な方だったのですが、大変フランクで、気さくにいろいろなことを教えてくださり、また、私の相談に乗って下さいました。

 そんな方がある時古い本を読んでいて、「ねえ、安井さん。これなんて読むの?」と聞かれて、その本のある一節を私に差し出しました。

 見るとそれは日本人の私たちでもあまり読まなさそうな難しい古い本で、差し出した一節には「隈」の字がありました。その文字を先輩は私に問うたのです。

 「これは『くま』ですね。「すみっこ」とかそういう意味です。それにしても、すごい本読んでますね。」そう私が言うと先輩は、「うん、面白いよ〜。」といって微笑みました。

 

 その時私は、母国語でもない、その国の人すらも知らない難しい本を「面白い」と言って読む先輩の姿が、本当に眩しく思えました。

 「知りたがりなんだよ私は。なんでも知りたくて、知ることが面白いんだ。」

 ご飯をたべながら、先輩は私にそう語ってくれました。

 その先輩はいま日本と韓国を行き来しながら、作家としてお忙しく活動されております。それでもお会いすると昔と変わらない笑顔で「お〜。安井さ〜ん。」と言ってくれる明るく素敵な方です。

 

 その先輩の本を読む姿が、私の心のなかに、何故かずっと残っているのです。

 ああいう人になりたいな。

 それが、私が本を読みはじめた2つめのきっかけになると思います。

 

 その先輩は、密かに私が目指す憧れの先輩です。

 

 

 それでは最後に、読んだ本の記録は取ってなかったので正確なことは分からないのですが、思い出すためにちょっとここに一部分を書き出してみます。

 最近もっぱらハマっているのはもちろん「シャーロック・ホームズ」シリーズです(笑)!原作超面白い!

 「見るだけじゃなく観察しろ」、というホームズの言葉通り、自分の目と耳で、しっかりその中身を探究したいと思います!

 

 よい読書の旅を!

 

 

【ここ2年間で読んだ本リスト(思い出せる範囲でだけ…)】

(とても長いので、「もういいや!」という方はどうぞお見逃し下さいませ…!)

 

 

・月と六ペンス (モーム) (授業で読んで気になって全部読んでみました。)

・一千一夜物語 一巻

・ティファニーで朝食を (トルーマン・カポーティ)

・デミアン (ヘルマン・ヘッセ) (この本はすごい。)

・シッダールタ (ヘルマン・ヘッセ)

・車輪の下 (ヘルマン・ヘッセ)

・ヘッセ詩集 (ヘルマン・ヘッセ)

・リルケ詩集 (リルケ) (高校の頃からなんか好きでした。)

・夏の夜の夢・あらし (シェイクスピア)

・お気に召すまま (シェイクスピア)

・我輩は猫である (夏目漱石)

・王妃の館(上・下) (浅田次郎)

・憑神 (浅田次郎)

・寄りかからず (茨木のり子)

・八十日間世界一周 (ジュール・ヴェルヌ) (ラストシーンが… 胸熱です///)

・魔の山(上・下) (トーマス・マン)

・白い犬とワルツを (テリー・ケイ)

・生命40億年全史 (リチャード・フォーティ)

・高村光太郎詩集 (高村光太郎)

・ヴェロニカは死ぬことにした (パウロ・コエーリョ)

・わたしは最高にツイている (小林聡美)

・星の王子さま (サン・テグジュペリ)

・星占いのしくみ (石井ゆかり・鏡リュウジ)

・不安と孤独のレッスン (鴻上尚史)

・くちぶえサンドイッチ (松浦弥太郎)

・くちぶえカタログ (松浦弥太郎)

・本業失格 (松浦弥太郎)

・場所はいつも旅先だった (松浦弥太郎)

・暮らしの眼鏡 (花森安治)

・100年の難題はなぜ解けたのか (春日真人)

・老人力 (赤瀬川源平)

・外骨というひとがいた! (赤瀬川源平) (レジェンド「紙屑買いの大馬鹿者」)

・新解さんの謎 (赤瀬川源平)

・20代のうちにしておきたい17のこと (本田健)

・これで世の中わかる!ニュースの基礎 (池上彰)

・学び続ける力 (池上彰)

・昨夜のカレー、明日のパン (木皿泉)

・なくな、はらちゃんシナリオブック (岡田恵和) (見てました。大好きでした…!)

・美しい人 (須藤正親)

・モナリザの背中 (吉田篤弘)

・注文の多い注文書 (小川洋子/クラフト・エヴィング商会)

・星を売る店 (クラフト・エヴィング商会)

・東洋医学セルフケア (長谷川琤潤) (やってみたりしてます。)

・花物語 (牧野富太郎) (若いころの牧野さんの写真が。超男前です///)

・植物一日一題 (牧野富太郎)

・牧野富太郎自叙伝 (牧野富太郎)

・牧野富太郎植物記 (牧野富太郎)

・雪 (中谷宇吉郎)

・中谷宇吉郎随筆集

・鏡の中の物理学 (朝永振一郎)

・量子学と私 (朝永振一郎) (滞独日記がオススメです)

・目に見えないもの (湯川秀樹)

・星三百六十五夜 春 (野尻抱影)

・星三百六十五夜 夏 (野尻抱影)

・星三百六十五夜 秋 (野尻抱影)

・星三百六十五夜 冬 (野尻抱影)

・心配事の9割は起こらない (枡野俊明) (多摩美の先生だそうですよ!授業受ければよかった。)

・シャーロック・ホームズの冒険 (コナン・ドイル)

・シャーロック・ホームズの思い出 (コナン・ドイル)

・シャーロック・ホームズの事件簿 (コナン・ドイル) (もうことごとくホームズが格好いいです///)

・シャーロック・ホームズの叡智 (コナン・ドイル)

・シャーロック・ホームズ最後の挨拶 (コナン・ドイル)

・バスカヴィル家の犬 (コナン・ドイル)

・恐怖の谷 (コナン・ドイル) (バーディ・エドワーズが超カッコいいです!////)

 …

 …

 …(まだなんかあったような、うっ、でも、思い出せない…。)

 

 そして読書の旅は続く…

 

 

ここまでお読み下いました皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

クラフト・エヴィング商会展「星を売る店」へ行って来ました

クラフトエヴィング商会展

 

こんにちは。春もいよいよ深まって、新緑の季節になって来ましたね。

こちらは、先日3月30日まで世田谷文学館で開かれていたクラフト・エヴィング商会「星を売る店」(私のPCでは旧字体がどうしても出ませんでした・泣)の展覧会パンフレットと、目録のご本です。

 

実は、先日のダイアリーで「どうしても行きたくて行きたくてたまらなかった展覧会」というのはこちらのことでございます。

 

何を隠そう私は、実はクラフト・エヴィング商会さんの大ファンでございます!

クラフト・エヴィング商会さんのご本は、実は私の人生を変えた一冊です。

彼らの本と出会わなかったら、多分今の私はありません。

高校生の時に初めて彼らの作品、本と出会ったとき、そのクオリティ。まるで本の中へ惹き込まれてしまう世界観。そのすべてに(文字通り)引き込まれ、「こんな本作りたい!!!」と感銘を受け「私も本を作ろう!」と決心しました。それが今のアーティストブックへと続いております。

 

クラフト・エヴィング商会さんと赤瀬川源平さん。

このおふたり(正確にはクラフト・エヴィング商会さんはご夫婦で2人なので3人ですね。)が、わたしの中の2大トップスターです。

 

そんなクラフト・エヴィング商会さんが展覧会をやるとは!!

もう喜び勇んで飛んで行きました。

 

 

展覧会は、今まで刊行されたご本のなかに登場する「品物」のお部屋。

この世界のどこかにあるクラフト・エヴィング商会さんのお店がある「町の一角」(月舟町なのかな?)を再現したお部屋。

そして最後に今までのご本や沢山の作家さんのご本を装丁した「本」のお部屋。

 

大きくこの3つのブースに分かれておりました。

 

クラフト・エヴィング商会さんの作品の魅力は、なんといってもその「まるでこの世に存在するリアリティ」だと思います。

様々なアイテム。品物。それがこの世のどこかに存在していて、本当にクラフト・エヴィング商会の方々が実際に仕入れてその顛末を本に認めているとしか思えない。

そんな物語がその本のなかで展開されております。

 

それを生で拝めるなんて!

 

ホントにもう、いきてて良かったと思いました。

 

 

そして今回この展示で一番心惹かれたのが最後のブースの「天国の探偵」!!

行かれた方お聴きになりましたか?

こちら「天国で放送されているラジオの電波を地上で受信出来る機械」を通して聴く事が出来るラジオドラマだったのですが、吉田篤弘さんの書き下ろしのお話が聞けるという事ですでに長蛇の列が!

「ここまで来たからには聴いて帰ろう。」と軽い気持ちで思いまして、入り口でいただいた素敵な壁新聞「ムーンシャイナー」を読みながら待っていたのですが、これが運命の出会いでした。

 

耳元から流れてくるのは、知的で艶やかなオトナの男性の声。「天国の探偵」と名乗るこの男性の天界での物語の数々。特に最後のオチのシーンではもう顔が綻ぶのが止められませんでした(笑)。

 

「これは!!これはもう一回聴かなきゃ!!!」

 

ということで、全く同じ内容なのに(BGMが一部分違うのでそれを聴き比べに)もう一回並び直して聴きなおし、また「ほわ〜っ…/////。」とそのお声と物語に聞き惚れてしまいました。

あれは!

あれは本当に朗読CDとかにならないんでしょうか!!

本当に素敵すぎます!!

あれがあの展覧会の中でしか聴けないなんてもったいない!

 

そのくらい、よかったです。

 

 

そのとき、その朗読をしておられたのが、イギリスBBCの「シャーロック」でシャーロック・ホームズの吹き替えを担当されていた三上哲さんで、「あ、これは前に友人が教えてくれたあの…。」ということになり、その2日後私はシャーロックを教えてくれた友と一緒にまたこれを聴きに行き(友人はもう頭の中にちらちらあの方が浮かんで来てたまらなかったそうです。)、ふたりでうわあああ////と聞き惚れておりました(笑)。

 

そうか〜。シャーロックの吹き替えをやっていたのか〜。シャーロック。そういえば友が面白いって去年の忘年会の時に話してくれたなあ〜。これは多分、吉田篤弘さんもご覧になられていたのではないかと友が推察してたなあ〜、どんなのか気になるな。おっ、なんと、BSプレミアムで再放送するんじゃないか。そりゃあ録画してみてみよう。なになに、0:30分から…  。

 

こうして私は、三上哲さんのシャーロックにはまり、そこからベネディクトさんに一撃KOでかなぐり倒され、今ではシャーロックを日本語で見た後に原語でもう一回全部見て、気になるシーンで一時停止をかけてどっぷり鑑賞するというディープな楽しみ方をしております。

 

本当に、面白いです。

英語の勉強になります。

 

そんなこんなで、本当に楽しい展覧会でした。

 

電気ホテル、楽しみです!!

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

サンダーバードについて

こんにちは。本日もダイアリーへお越し下さいまして本当にありがとうございます。

 

先日録画していた「シャーロック」を観て、一瞬ではまってしまった安井です。

海外ドラマが大好きな友人から兼ねてよりお話は伺っていたのですが、海外のドラマに全然明るくない私までも一撃でかなぐり倒すとは恐るべしベネディクトさん…!動いているところを観てみたら即刻KOでしたよ友よ…。何で私はもっと早く見てなかったんだろうね!!本当に素晴らしいね!!

 

 

イギリスの作品は作り込みが素晴らしいと言いますがこの「シャーロック」で、シャーロック・ホームズの部屋の中を観ていたら私は何かあるものが頭のなかに浮かんできました。

 

それは、おなじイギリスで60年前に生まれたマリオネット・アニメーション、「サンダーバード」でした。

 

 

なんとなく、そのものすごい作り込まれてるところがとても似てるのです。お話の毛色は全然違うのに(笑)。

そういえば去年のこの時期はサンダーバードばっかり観てました。

 

もともと私は、小さい頃からサンダーバードに夢中でした。元々家族が好きで観ていたのですが、一緒に観ていてすっかりはまってしまったのです。

女の子でそういう人は珍しいかもしれませんが、秘密基地や正体を絶対ばらさないようにしながら活動するシーンなど、「もしかしたらどこかに本当にこんな人いるんじゃないか?こんな仕掛けあるんじゃないか?」と思わせてくれるこのお話が私の現実を楽しく彩ってくれました。

 

そのころから絵が好きだった私は、必然的に(たまに)ちょっとサンダーバードの絵を描いたりしてました。

ですがどうしても出来ない事がありました。

それは、「隊員の顔を描くこと」でした。

 

お話の主役とも言えるメカは、それなりに形を描けばなんとからしく見えるのですが、正直「顔」はそうはいきません。ましてやあんなリアルな人形の顔など— 。本当はそれが一番描きたかったのに!

 

そんなことで、それから20年くらいずっとそのことを忘れておりました。

 

それを、去年サンダーバードのDVDを観ながら思い出したのです。

「あ。もしかしたら今なら描けるかもしれない—… 。」

 

そう思って英語の単語にまみれていたスケッチブックに(もともと英語の勉強でサンダーバードを原語版で観ていたので。)ジャストな場所で一時停止をかけて画面を止め、隊員の顔をじっくり観察しながら描いてみたらこれがなんといけるではありませんか!

びっくりするくらい楽しくて!!

 

それまで、実はリアルな人物の顔を描くことに苦手意識を持っておりました。

もともと漫画から絵を描いていたのでリアルな顔の人物に対して「どう切り込んで行っていいかわからない。」という感じだったのです。

ですが、この事を契機に一気にそれが晴れ、「どうやってそれをやったらいいか」という積年の悩みを解く事ができたの出来ました。

まさかこんなきっかけとは自分でも思いませんでした…。

 

この「サンダーバード似顔絵日記」のお陰で、私は精神的に絵の幅がぐっと広がってとても楽になりました。

(といってもそれを超えた先にさらに難しい問題が山積してるのですが・笑)

 

本当に、サンダーバードよありがとう…!

 

 

これより以下、そのサンダーバード日記のちょっとした抜粋です。

描いてみて分かったことや改めて鑑賞して「!?」と思ったことなど記録されております。

 

長いです。

 

非常に個人的な内容でもありますが、これで「どんな内容なんだろう…。」と思って下さるお若い方が増えたら幸いでございます(笑・本当に、身近な若い方で語れる人がいないので…。)

 

サンダーバードスケッチ3

 

スコット=トレイシー 1号パイロット。26歳

5人兄弟の長男。

非常に冷静で、クールな線の鋭い面差しが特徴なのだが、時たまかわいい私服を着て登場することが。パジャマも、妙に可愛かった。また、冷静で感情的になることはめったにないが鼻歌をうたいながら帰投するなど、要所要所で「!?」と思わせてくれるような意外な一面を発見。

一番多く私服を持っている。少なくとも、作中では6〜9着あった。

スコットとバージルを描き分けることが一番難しかった。


ジョン=トレイシー 5号、スペースモニター担当。25歳

5人兄弟の次男。
彼の顔は他の兄弟に比べ彫りが深くなっている。比較的描きやすく、アンド石膏像の「マルス」に似ている。髪型は弟ゴードンと同じの金髪左横分け組。

赤い鮮やかな服など、一見奇抜に見えるがこれ以上ないくらいに彼にぴったり似合っていて服装も見逃せない。

それにしても9ヶ月のあいだ、暇な時はなにをしているのだろう。


バージル=トレイシー 2号パイロット。24歳

5人兄弟の真ん中、3男。顔は、スコットに似ているが眉が太く目元も少しトロンとやわらかい。バランスを崩すと一気に似なくなってしまうので、一番難易度が高い。男前なのに!

敵機と間違われて誤爆されるシーンが、わたしはすごく好きでたまらない。あの時のスコットとのやり取りにいつもじーんとしてしまう。


ゴードン=トレイシー 4号パイロット。潜水技術士。22歳

5人兄弟の4男。顔の骨格が父ジェフにそっくりで、すこし角張った顔と下がった眉がポイント。改めて観ると鷹揚で明るく、かつ大胆。目の前で大ワニが人を襲ってるところを見てるのに、ワニいっぱいの川へ潜水服いっちょで潜りにいったシーンは度肝抜かれた(笑)。だ、だいたん!!ほんとに大丈夫なのか!?

ジョンと同じく金髪。髪が乱れたところがたまらなく好き。


アラン=トレイシー 3号パイロット。宇宙飛行士。21歳

5人兄弟の末っ子。顔は、バージルと基本変わらない面立ちで、「ベビーフェイス」ということで比較的描きやすい。このふたりは、物語には登場しない亡くなったお母さん似なのだそうだ。お母さんってどんなひとだろう。

ヒョウ柄の私服で登場して来たときは、かなりびっくりした。

一話だけアランの服をバージルが着ていた。(ように見えて実は違う服なのかなあ。)



ブレインズ  エンジニア。メカニック開発担当。25歳

科学者。サンダーバードマシンの生みの親。

日本語版では、大泉滉さんの吹き替えが素晴らしくて!!現場での科学的な指揮のために2号によく同乗する。その際のバージルとのやりとりがたまらなく大好き。特に、太陽反射鏡のおはなし(日本語版)は光を放つ。

この人は本当に描くのが難しかった…。大きなメガネに隠された目が一番のポイントでした。

 

…なんて…。(照)

 

ではまた…!

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

春の色

ナスパ01

 

4月になりました。辺りはもう春一色です。

 

前の更新からやや間が開いてしまいご心配をおかけ致しました。

展覧会が終わってから、火照った頭をゆっくり休めつつ、様々な資料集めをしておりました。

行きたくて行きたくてたまらなかった展覧会へも行きましたし…(この展覧会のお話は後日後述いたします〜。)!

盛りだくさんでした!

 

一定の間、頭をしっかり休めることで、慌てていた心や沸騰していた思考回路をメンテナンス出来たように思います。

 

 

さて、3月の個展「あるとつくにの物語」におきまして、お客様から「エスムルブ紀行文の人物設定や世界についてもっと知りたい」というお言葉をいただきました。

こちら是非、近日中にこのホームページ中に「エスムルブ設定資料集」みたいなコーナーを設けたいと思っております。ですが、ちょっと開設まで時間がかかりそうなので、ただいまツイッターアカウントで、実験的に登場人物や世界観の覚え書きをしております。

 

アカウントは

 

↓↓↓

@haruna738

 

となります。

ご興味ございましたら是非ご覧下さいませ!

今回の写真の絵もそちらに投稿したものです。

なんてことのないこともかなり呟いております(笑)。

 

もちろんツイッターよりも充実した内容をこちらで掲載予定です!

また、コーナー開設時はこちらにてお知らせいたします!

 

 

今、目下「シャーロック」にはまってしまっているところです(笑)

土曜日よ早くこい…!!(笑)

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket