日記

/

もう5月も半ば!?

もう5月も半ばですか!!?

 

は、早いですね!!

 

いつの間にか2週間も更新しないまま時間が経っておりました(汗)。

GWから今にかけて何気に怒濤の日々でした。

 

4月は真夜の旅人の原稿を4巻分完成させておりました。

GWは制作したり、展覧会へ出かけたり、イベントに出たり、見に行きたかったけどチケットが手に入らなかったコンサートの物販に出かけたりとガンガン出かけておりました。

 

そしたらもうあっという間なんですね。

もう岡山「天満屋」さんの展覧会が迫って来ております!!

 

先週8日は月のサロンの「アナタスケッチ」のお仕事が本格的に始まり、横浜美術館の仕事も始まってその合間にNHKカルチャースクールのプリントも作成したりと、あっという間に日々が過ぎてしまったので、天満屋さんの荷造りがまだこれからです。

まさに今、トランクに詰めたりしております。

 

天満屋さんは初めてなのですが、一体どんな場所なのかどきどきしますね!

岡山ではままかり寿司が食べたいです。

 

本日は15日なのですが、今日もアナタスケッチを書きに行きますよ!

月のはなれまでお気軽に遊びにいらして下さいね!

LINEで送る
Pocket

4月20日(木) 月のはなれに参ります。

銀座、月光荘が開いたサロン「月のはなれ」にてお客様を描く「アナタスケッチ」のお仕事をさせていただけることになりました。

明日、4月20日 18:30~21:30滞在予定でございます。

 

ボールペンと色鉛筆で描かせていただきます。

お値段はこれからスタッフの方とご相談して決定致しますが、恐らく1000~3000円ほどになると思います。

 

これから、定期的にお店に参りますので、来店日が決まりましたらこちらや、ツイッター、フェイスブックなどでお知らせ致しますね!

 

明日が月のはなれでのアナタスケッチデビューになります。

何卒、よろしくお願い致します。

 

LINEで送る
Pocket

すごく緊張しました。

こんにちは。

3月の個展が終わり、新作を描き貯めている今日この頃です。真夜もあと10ページくらい描ければ次の本を出せます…!頑張らなくちゃ!

 

 

さて、あれからいろいろございました。

まず岡山県の天満屋にて出展することが決定しました!

 

こちらは急遽出展が決まりまして、先日慌てながら書類をお送りし、これから準備に入ります。

岡山県は初めてなのでとても楽しみです。ままかり寿司、食べてみたいな〜!

岡山ですと瀬戸内海が近いですからそれもいいですね。村上水軍のことを調べているので、瀬戸内海は熱いです!(行けるかわかりませんが・笑)

 

 

そして新しく決まったお仕事といえば、この度「月のはなれ」の「アナタスケッチ作家」としてお仕事させていただける事になりました!

アナタスケッチはお店での楽しいひと時を絵で描いて差し上げる、という月のはなれ独自のメニューです。

私自身実は銀座の「月のはなれ」は開店した当初から行った事がありまして、銀座近辺で個展をした時は友人と行くとっておきの場所でした。

ここ最近は百貨店や横浜で仕事をしていたこともあり、しばらく行けていたなかったのですが、久しぶりに月のはなれのホームページを覗いたらこの「アナタスケッチ」の件が。

 

大変興味を惹かれ、応募をしてみる事にしたのでした。

 

実技審査の日は久しぶりに手が震えました(笑)。

 

後日合格の通知メールを受け取ったときは本当に嬉しくて…!!

 

先日、最初の練習をしにお店に行ってまいりました。

お店の方も本当に気さくで居心地のよい場所で。まだまだこれからですし、私も勉強する事がたくさんございますが、楽しいひと時を共にお過ごしし、その記憶を書き留めることができたらと思っております。

 

お店に入る日等、詳細決まり次第詳しくはこちらのホームページや、そしてツイッターやフェイスブックでもお知らせ致します。

 

新しいひと時を、楽しみに参りたいと思います。

 

今年も引き続き横浜でも市民のアトリエのインストラクターや水戸のNHKカルチャー講師も致します!そちらもよろしくお願い致します!

LINEで送る
Pocket

真夜の旅人 【⑭-2:憩いの場所】

お待たせ致しました。

真夜の旅人の続きでございます!

 

 

真夜の旅人61

 

真夜の旅人62

 

愛しい憩いの時は続く。

(つづく)

 

 

LINEで送る
Pocket

真夜の旅人 【⑭-1:憩いの場所】

真夜の旅人59

 

真夜の旅人60

 

旅の途中で目指していたのはお馴染みの喫茶店。

定休日だったのにも関わらず、店主はカヤンたちをずっと待っていたようだ。

それもそのはず、彼らは店主ターゼにとって「特別」なお客さんだったのだから…。

 

(つづく)

LINEで送る
Pocket

1 2 3 4 5 42